9:00~21:00
毎週水曜日

不動産売却ガイド ㈱東海住宅

不動産売却の流れとポイント

不動産を売却することは、誰もが一生のうちで頻繁に経験する類のものではありません。
だからこそ、1回1回を絶対に後悔の無い、納得のいくものにしていただきたい。

不動産売却の形は様々で、お客さまのお立場やご状況によって売却の仕方や手順は臨機応変に対応していくものですが、以下に不動産売却における大まかな流れとポイントをまとめました。

身軽さと融通の利き具合は、地域密着不動産会社ならではの強みです。

分からないことがございましたら、いつでも飛んで行って何度でもご説明しますので、お気軽にお申し付けください。

STEP1.まずは疑問やご希望をお聞かせください

いざ不動産の売却について考え始めると、色々な疑問や心配事が出てくるものだと思います。
住み替えをされる場合は購入時期なども併せて検討し、事前に売却が決定した時の住居や引越しについても考慮しなければなりませんし、住宅ローンが残っている場合はどうしたらよいか?とか、税金や手数料といった諸経費はどのくらい見込めばよいか?などなど…

お客さまの疑問や不安がすべてクリアになるよう、東海住宅は専門用語は使わず、いつでも何度でもご説明いたします。
また、こうして欲しい・ああして欲しいなどのご希望がございましたらお聞かせください。臨機応変に即動けるのが私共の強みです。

STEP2.物件確認・調査・査定をいたします

ご所有の不動産がどのくらいの価格で売れるものなのかを把握されることは大変重要です。
売却金額の目安が分かればその後のスケジュールが立てやすくなりますし、売却するか否か悩んでいらっしゃる方にとっても、進めるか止めるかの大きな決断要素にもなるからです。

東海住宅は、物件や周辺環境の調査・建築法規や権利関係の調査・周辺の成約事例や売出事例などをもとに、ご要望に沿った最適な価格と販売方法をご提案いたします。

もちろん、査定は無料で行っております。お気軽にお申し付けください。

STEP3.不動産媒介契約を締結いたします

媒介契約とは、不動産会社に不動産の売却を依頼する契約で、以下の3種類があります。

(1)専属専任媒介契約
契約した不動産会社以外に、同時に媒介を依頼することができません。売主さま自身で見つけた購入希望者でも、契約した会社を通さずに取引することはできません。不動産会社側は契約締結後5営業日以内に不動産流通機構(レインズ※)に物件を登録しなくてはならず、販売活動の進捗報告義務は1週間に1回以上です。

(2)専任媒介契約
契約した不動産会社以外に、同時に媒介を依頼することができません。ただし、売主さま自身で見つけた購入希望者は、契約した会社を通さずに直接取引できます。不動産会社側は契約締結後7営業日以内にレインズに物件を登録しなくてはならず、販売活動の進捗報告義務は2週間に1回以上です。

(3)一般媒介契約
複数の不動産会社に重ねて媒介契約を依頼することができます。
不動産会社側は、目的の物件をレインズへ登録し、業務状況報告を行う義務はありません。(東海住宅では一般媒介契約でもいち早く成約できるようレインズに登録し、また、販売状況を適宜ご報告いたします)
※レインズとは…国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステム。多数の会員不動産会社間でオンラインの情報交換を行うため、契約の相手方を広く探索することができます。

STEP4.売却活動を開始します

媒介契約の締結後、東海住宅では、物件の特性や流通性を考慮した上で、最適な販売計画と広告活用をご提案し、積極的な売却活動を行っていきます。
もちろん、売却活動にかかる費用も全て東海住宅の負担ですのでご安心ください。

【売却活動例】
■at home、SUUMO、Yahoo!不動産など、人気の高い不動産ポータルサイトへ情報を掲載
■東海住宅ホームページへ情報を掲載
■《地域密着40年以上》東海住宅にご登録いただいてる多くのお客さまにご紹介
■ポスティング広告の実施
■新聞折り込み広告、新聞紙面広告の実施
■住宅情報誌に情報を掲載
■オープンハウス、オープンルーム、現地販売会の開催
■協力会社へご紹介依頼
■各ハウスメーカーへご紹介依頼・展示場での掲示依頼
■指定流通機構(レインズ)への登録

※各掲載やポスティングに関しては売主さまのご承諾を得られた場合に限ります

STEP5.不動産売買契約を締結します

購入希望がありましたら、購入申し込みをされたお客さまと契約や引渡しなど諸条件の調整をさせていただきます。
売主さま・買主さま双方がご納得くださり気持ちよく契約に望んでいただけるよう、しっかりと確認、調整をいたします。

売主さま、買主さまの間で不動産の売却価格および諸条件が合意に達しましたら、売買契約の締結となります。
宅地建物取引士が買主さまに売却物件の重要事項を説明し、十分理解していただいた上で不動産売買契約を締結します(終結時、買主さまから手付金を受領いたします)

【不動産売買契約締結時には以下のものが必要となります】
■実印
■本人確認ができる書類(運転免許証など)
■登記関係書類(登記済権利証または登記識別情報通知)
■収入印紙代金(売買金額によって額面が異なります)

※その他、状況に応じて必要になるものもありますので、事前にしっかりと書面でお知らせします

STEP6.物件の引渡し準備

不動産売買契約条項に盛り込まれた、売主さまに物件の引渡しまでに行っていただきたい事項を、スケジュールに沿って進めていきます。

東海住宅では、土地家屋調査士・司法書士・解体業者・リフォーム業者・引越し業者のご紹介など、万全のサポートをお約束いたします。

【引渡しまでに行なっていただくこと】
■土地境界確定がされていない場合、土地境界確定測量
■更地渡しの場合、建物解体工事
■引越し
■公共料金の清算
■郵便物転送手続き など

STEP7.残代金の決済・物件の引渡しとなります

契約に定めた内容で引渡しを行います。
売却物件に住宅ローンが残債として残っている場合は、残債を清算し、抵当権を抹消する必要があります。抵当権抹消の手続きは司法書士が行います。
残代金の受け取り・鍵の引渡しは原則同時となります。

【引渡時には以下のものが必要となります】
■実印
■印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
■登記済権利証または登記識別情報通知
■固定資産税納税通知書
■仲介手数料
■登記費用(抵当権抹消登記・住所変更登記など)
■売却物件の鍵一式

※その他、状況に応じて必要になるものもありますので、事前にしっかりと書面でお知らせします

arrow_upward